当会について

About

  • HOME
  • 当会について

消化器内視鏡技師とは

消化器内視鏡技師とは、社団法人日本消化器内視鏡学会によって資格認定された技師をいいます。主に看護師や医療技術者より構成され、医師の監督指導のもと消化器内視鏡業務に従事します。
厚生労働省・都道府県知事免許で認められた医療行為の範囲内で、主に下記のような業務を行います。

  • 内視鏡及び関連器械の管理・補助・整備・修理
  • 患者の看護と検査医の介助
  • 事務業務
  • 検査予約
  • オリエンテーション
  • 資料の管理保存

医師法が定める診療行為などは認められておらず、検査・治療の介助、補助業務に携わります。
消化器内視鏡技師は日本消化器内視鏡学会技師会員として入会する義務があり、必要条件を満たし5年ごとに資格更新の手続きが必要です。また、同会の主催する研究会などに出席・研究発表を行うことや、内視鏡技術の習得など、医学の進歩に寄与するよう勉学・研究することが望まれています。

甲信越消化器内視鏡技師会の概要

本会は日本消化器内視鏡技師会を上位組織にもつ団体であり、消化器内視鏡技師を志す方の応援をしております。また、資格更新に必要となる消化器内視鏡に関する各種教育研修・研究会・機器講習会などを甲信越地域で開催しています。
ホームページは平成29年11月より開設され、情報提供により関係される皆様の相互発展をめざしています。